インプラント治療後に必要なメンテナンス

インプラントの手術が終わって、無事に治療が成功すれば、それで安心というわけではありません。
もし、手術後のメンテナンスなどをおろそかにしてしまうと、インプラントがだめになってしまう可能性がありますから注意が必要になってきます。

特に、歯周病になってしまうと、歯肉が傷んでしまい、結果としてインプラントを維持できなくなります。

ですから、手術後もしっかりとメンテナンスを行っていくことが大事になってきます。
メンテナンスができていれば、インプラント自体は非常に耐久性に優れているので、生涯にわたり使い続けることができます。

鋭い観点からwikipediaについてお答えします。

そこで、メンテナンスのポイントとしては、自宅での歯磨き、定期診断などが大事になってきます。

まず、自宅での歯磨きは、最も重要なメンテナンスとなってきます。



できれば、食後にすぐに磨くようにします。

また、ただ磨けばよいというわけではなく、歯科医院などで指導された正しい磨き方で磨くことが大事になってきます。

自分では磨けていると思っていても、磨き残しがあると、そこに歯垢がたまり、歯周病に発展する恐れがあります。

次に、定期診断に関しては、年に2回から4回程度、治療を行った歯科医院に通院します。

定期診断では、歯肉の状態やかみ合わせなどをチェックします。
また、感染が起こっていてもインプラントの場合は、神経が通っていないので、自分ではわからないことがありますから、感染があるかどうかもチェックします。

渋谷のインプラントに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。