効果的なカラス駆除の方法

カラスというのは、5〜6月にかけて繁殖期となるため、親鳥が子供を守るために人間を威嚇する場合があります。
こういった場合、巣に近づくとおそわれてしまう可能性がありますから、巣から離れて近づかないようにすることが大切です。
また、カラスはゴミを漁る被害も問題となっています。

カラス駆除がさらに話題になりそうです。

こういったカラス被害を解決するためには、カラス駆除を行うことが大切です。カラス被害をなくすためには、ごみの収集日当日にゴミを出し、生ゴミなどは袋に入れてきちんと閉じ、外から中身が見えないように工夫をする。
ネットをかけてゴミがはみ出さないようにしっかりと固定するといった対策をとることが大切です。



ただ、気をつけないといけないことは、人間にとって有害な生物であっても、カラスは鳥獣保護法という補率によって捕まえることや処分することが禁止されています。

そのため、許可のないまま勝手に捕獲したりカラス駆除を行ってしまうと、法律違反となってしまいますから、個人でカラス駆除をしないようにしましょう。

さまざまなカラス除けの対策をしても被害が減らない場合には、カラス駆除のプロに依頼するとよいでしょう。

子育て中のカラスは攻撃的になり人間を襲う場合もありますから、専門の業者に駆除を依頼しましょう。



ただ、気をつけないといけないことは、中には悪質な業者も存在しますから、複数の業者に見積もりをとって内容の比較や検討をすることが失敗しないためには大切です。