危険が伴うカラス駆除方法に注意

category01

エサを求めて街中に出てくるカラスが狙うのは生ごみですが、畑や家庭菜園があれば植えられている野菜を食べてしまうこともあります。
場合によっては花を落としてしまったり、小さな実を食べずにもいで捨てていくカラスもいます。

子育て中には人を攻撃してくることもあるため、カラス駆除を行い安心して暮らせる場所にすることが大切です。頭がよく人に攻撃されたことは覚えるため、直接的に危害を加えるような方法は避けなければなりません。

自分に仕返しをしてこなくても、近くを通るほかの人に反撃することもあるので、慎重な対応が必要です。

カラス駆除の情報も多数ご用意しました。

カラス駆除を行い被害にあわないためには、嫌な音を出して追い払ったり、苦手なにおいで近づけさせない方法が有効的です。



塀の上などにはバードスパイクを設置したりするのもよいでしょう。



家庭菜園などには鳥よけネットで守る方法があり、ゴミを荒らされないようにしたいときにも便利です。

いろんな方法でカラスを寄せ付けないようにしても、しばらくすると戻ってくることがあります。カラスにも縄張りがあってなかなか移動しないからです。


カラス駆除を一度行った後は、できる限りエサとなる生ごみを取られないように工夫したり、巣作りに使われてしまうような針金やプラスチックなどを放置しないようにしましょう。野鳥のためにエサを与えていたりすると、カラスがそれを狙ってきたりするので、注意が必要で、場合によっては小鳥が襲われてしまいます。

初心者向き害獣駆除

category02

カラスというのは、5〜6月にかけて繁殖期となるため、親鳥が子供を守るために人間を威嚇する場合があります。こういった場合、巣に近づくとおそわれてしまう可能性がありますから、巣から離れて近づかないようにすることが大切です。...

subpage

難しくない害獣駆除

category02

カラスは非常に頭の良い鳥なので、ゴミ集積場などでこちらから攻撃をしかけると上から石を落とすなどして怪我をさせられることもあります。また巣作りをする時期になると近づいただけで頭を攻撃してくるので、流血してしまうこともあります。...

subpage

害獣駆除関係の真実

category03

家の周りに大量のハトが来て糞の被害に悩まされている人は多いのではないでしょうか。ハトの糞には人間に感染する恐ろしい病原菌も持っています。...

subpage

害獣駆除の基本知識

category04

ハトの問題はマスコミなどでも話題になります。普通に接するだけなら可愛らしいハトですが、エサをあげる人が一人でもいると大量に集まるのでフン害などが起こりやすくなります。...

subpage